宿泊学習に行ってきました。

5月15日(火)~16日(水)、1学年は能登青少年交流の家で宿泊学習を実施し、様々な活動を行いました。初日の午後の野外活動と合同レクリエーションの様子です。

◇ディスクゴルフ:ボールの代わりにフライングディスクを使用し、ゴールに入るまでの投数を競いました。新緑の中で爽快感を味わいました。

◇サイクリング:マウンテンバイクで、青少年交流の家から海岸沿いのサイクリングコース(約11km)を走行しました。キツイ坂も走りきりました。

◇カッター:灌漑用水の下杢左エ門池(しももくざえもんいけ)にて、21人の力やタイミングを合わせてカッター(大型ボート)をこぎました。写真は活動の終わりに”オール”を片付けているところです。最後まで集中力と協力性が求められる活動でした。

◇アーチェリー:敷地内のアーチェリー場で洋弓を使い、的を射ました。風にそよぐ木々の葉の音と鳥のさえずりの中、心静かに集中。見事、的の中心を射貫いた生徒もいました。

◇合同レクリエーション:体育館に鷹施中学校と高志野中学校の1年生が全員集合。みんなで力を合わせ、楽しく活動し交流を深めました。そのうちのいくつかを紹介します。

1.全員で手をつないだまま、足も互いにつけたままで立ち上がります。少人数ならばいいけれど、多くなるとなかなか難しい。このチームの人数は約20人、何度も失敗しながらも、知力・体力・気力・協力でやり遂げました。

2.全員で内側を向いて大きな円をつくります。そして、全員手をつないだまま、外向きの円になります。これも、声をかけ合いながら協力と諦めない気持ちでやり遂げました。たくさん話して、たくさん笑った2時間でした。